電子タバコとは

電子タバコとは?


電子タバコとは近年日本でも流行し始めている、タバコの一種でタバコの筒の中に液体が入っており吸うと液体が霧状になり体内に流れていくものです。
電子タバコはアメリカのハーバード・A・ギルバードによって作られ、1965年に特許申請がされました。なのでタバコの歴史の中では比較的に新しいと思います。
2003年に中国の漢方医によって実用化がされましたが、当時の中国ではあまりはやりませんでした。

日本でも当時は専門店などなく、インターネット販売がされている程度でしたが、近年では実店舗も増加し、現在では50~100店舗ほど日本に存在しています。
電子タバコには禁煙効果があります。通常の紙巻タバコにはニコチンが入っており、それに依存症があり、しばらく禁煙するとまた吸いたくなるという禁断症状が付いてきます。

 電子タバコには禁断症状の緩和効果があり、ベルギーの研究グループが「8ヶ月で半数近くが禁煙に成功し、6割が吸う本数を減らした」という発表をしました。
しかし、電子タバコは完全に体に無害かというとそうではなく、2008年にWHOは一部の粗悪な製品には有毒な物質が含まれている可能性があると注意を喚起しました。
また、日本で流通している電子タバコの蒸気の成分には発がん性物質のアルムアルデヒトは含まれていると厚生労働省は発表しています。

各国の一部の都市では公共の場での電子タバコの使用を禁止しており、日本でもJR北海道の列車内での電子タバコの使用が禁止されている



電子タバコ おすすめ